違法駐車の取締り強化について

新しい制度の要点

※平成18年6月1日より違法駐車の取締りが強化されました。
  1. 短時間の放置駐車も取締りの対象
    駐車は短時間でも、多くの車両が違法駐車を行えば、交通の大きな妨げとなるほか、交通事故発生の原因にもなります。
    放置駐車違反が確認された車両については、駐車時間の長短に関わらず「放置車両確認標章」が取付けられます。
  2. 民間の駐車監視員が放置駐車違反を確認
    警察官、交通巡視員に加え、民間の「駐車監視員」による放置駐車の確認と標識の取り付けが行われます。

違法駐車違反の確認標章が取付られた場合

  1. (1) 確認標章に記載された警察署に出頭し、所定の手続きを完了する。
  2. (2) 反則金の支払いを完了する。
  3. ※ レンタカー返却時に交通反則告知書と納付書、領収書を提示していただきます。

返却時に、支払いの完了が確認できない場合

駐車違反1件に付き下記の金額(駐車違反金)をご請求いたします。

  1. 普通クラス 25,000円
  2. 中型クラス 30,000円
  3. ※ レンタカー返却後に、警察に出頭・反則金を納付し、納付書・領収書を所定の方法でご提示いただくことにより、お預かりいたしました全額を返金いたします。(振込み手数料等については、お客様負担とさせていただきます。)
  4. ※ 違反処理も、駐車違反金の支払いもご対応いただけない場合は、お客様の個人情報を警察に提供し、放置駐車違反にかかわる責任追及のための必要な措置をとります。また、その事実を(社)全国レンタカー協会に報告することにより、同協会加盟レンタカー会社での今後のレンタカー貸渡しをお断りすることがあります。