ご利用条件について

Q:JR線と駅レンタカーを一緒に申し込めば、どんな場合でも割引になるのですか?

A:「レール&レンタカーきっぷ」のご購入及びJR線のきっぷの割引適用には、以下の【ご利用条件】をすべて満たす必要があります。また、ご利用期間、ご利用列車・設備によってはJR線のきっぷの割引に制限がありますのでご注意ください。
【ご利用条件】
(1)JR線の営業キロを片道・往復・連続のいずれかで201km以上ご利用いただくこと。
※ただし、駅レンタカーを乗り捨て利用する場合(「JR線(片道)」→「駅レンタカー」→「JR線(片道)」で利用する場合)は、片道2行程でJR線を利用することができます。
(2)最初にJR線を利用し、出発駅から駅レンタカー営業所のある駅まで最短経路で101km以上離れていること。
(3)JR線のご利用と駅レンタカーのご利用が連続していること。
※ただし、中間に一部の連絡会社線を通過する場合、その前後のJR線の行程は連続しているものとみなします。
(4)JR線のきっぷと駅レンタカー券を同時にご購入いただくこと。2名以上でご利用の場合は全員分を同時にご購入いただき、全員同一行程でご旅行いただくこと。
※同時に購入できる枚数はご利用になる駅レンタカーに同時乗車できる範囲内となります。
※駅レンタカーをインターネットまたは電話で予約した場合でも、JR線のきっぷと駅レンタカー券の同時購入が必要となります。

(5)駅レンタカーは、JR線のゆき券(1行程目)の有効期間内にご出発いただき、かえり券(2行程目)の有効期間内にご返却いただくこと。
※ただし、「乗り捨て」利用の場合は、JR線の2行程目の有効期間開始日またはその前日にご返却いただくことが必須となります。また「片道」利用の場合は返却日の制約はありません。

【JR線のきっぷが割引とならないケース】
●年末年始(12月28日~1月6日)、ゴールデンウィーク(4月27日~5月6日)、お盆(8月11日~20日)は、JR線のきっぷは割引になりません。なお、「ゆき」の旅行開始日が年末年始、ゴールデンウィーク、お盆に該当する場合は、「ゆき」「かえり」ともにJR線のきっぷは割引になりません。JR線のきっぷが割引にならない場合は、無割引のJR線のきっぷと駅レンタカー券で「レール&レンタカーきっぷ」を発売いたします。
●次の列車、設備にご乗車いただく場合は、乗車券のみの割引(20%引)となります。
⇒詳しくはこちらから
新幹線のぞみ号・みずほ号(自由席含む)/グランクラス/グリーン個室/普通車個室/個室寝台/A寝台など
●「レール&レンタカーきっぷ」の割引を利用する場合は、その他の割引(乗継割引、往復割引、各種割引証等)は重複・併用してご利用になれません。
●上記の【ご利用条件】を満たさない場合は、JR線のきっぷは割引の対象となりません。

Q:きっぷの種類が「片道」「往復」「連続」のいずれかで201km以上利用とありますが、「片道」「往復」「連続」の意味がよくわかりません。

A:「片道」「往復」「連続」とは、JR線の利用行程のことです。それぞれ以下のとおりとなります。

⇒「片道」とは、ご乗車区間が重複しない、A駅からB駅まで行く一方向の行程です。
⇒「往復」とは、A駅とB駅間で「ゆき」と「かえり」を同じ経路で利用する行程です。
⇒「連続」とは、A駅からB駅で折り返すなどしてC駅まで、または乗車区間が1周を超える場合など、乗車区間の一部が重複するなどで「片道」にも「往復」にもならない乗車区間が2行程となる利用行程のことをいいます。なお、それぞれの行程は連続していなければなりません。

○片道の例

片道の例

○往復の例

往復の例

○連続の例

連続の例

Q:1人でも割引になるのですか?また、何人まで割引になりますか?

A:お1人さまのご利用でも、「レール&レンタカーきっぷ」割引の対象となります。また、同時にお買い求めいただき、同一行程でご利用になる場合も駅レンタカーの乗車定員以内であれば割引となります。
※「同一行程」とは、ご一緒に出発し、ご一緒の列車に乗車し、レンタカーに同乗し、ご一緒に帰着するという、行程がすべて同一のことを言います。

Q:新幹線で新大阪から岡山へ行き、その日に岡山で駅レンタカーを借り、広島で乗り捨てます。再び翌日広島から新幹線で博多へ行きますが、このような行程を「レール&レンタカーきっぷ」として利用できますか?

A:「レール&レンタカーきっぷ」でご利用いただけ、乗車券・特急券等は割引になります。
駅レンタカーの乗り捨て利用の場合の利用条件は、JR線の出発駅から駅レンタカー営業所のある駅まで最短経路で101km以上離れており、かつ「片道(JR線)⇒駅レンタカー⇒片道(JR線)」の行程で、JR線を合計201km以上ご利用いただくこと、レンタカー返却日当日または翌日にJR線を利用することとなっています。
今回、このご利用条件を満たしておりますので、「レール&レンタカーきっぷ」としてご利用いただくことが可能です。

Q:新大阪から米原、名古屋、亀山を経由して奈良まで片道乗車券で行きます。駅レンタカーは奈良で借り、途中では借りません。この場合201km以上あるので乗車券・特急券等は割引になりますか?

A:割引になりません。
実際ご乗車になる経路が201km以上であっても、出発駅から駅レンタカーを借りる営業所のある駅まで最短経路で101km以上離れていないので、割引は適用になりません。

Q:羽田空港から新千歳空港まで飛行機で行き、駅レンタカーを利用。復路は寝台特急で上野まで戻りたいのですが、JR線の乗車券・特急券等は割引になりますか?

A:最初にJR線を利用することがご利用条件になっておりますので、割引になりません。

Q:新幹線で東京から新大阪へ行き、その日から10日間、新大阪で駅レンタカーを借り、また東京へ戻ります。「レール&レンタカーきっぷ」として利用できますか?

A:「レール&レンタカーきっぷ」としてご利用いただけません。
駅レンタカーは乗車券の有効期間内に利用開始いただくこと、またJR線と駅レンタカーの利用行程は連続していることが必要です。すなわち、JR線を往復で利用する場合、乗車券の有効期間内で駅レンタカーを利用する必要があります。
今回の場合、駅レンタカーは乗車券の有効期間内に利用を開始していますが、東京-大阪間の往復乗車券の有効期間は8日間となっており、乗車券の有効期間経過後まで駅レンタカーを借りる行程になっています。これは、JR線と駅レンタカーの行程が連続しないことになるため、「レール&レンタカーきっぷ」のご利用条件にはあてはまりません。

Q:新幹線で東京から新大阪へ行き、その日から10日間、新大阪で駅レンタカーを借り、また東京へ戻ります。「ゆき」と「かえり」を往復乗車券としてではなく、「東京→新大阪」の「片道」と、「新大阪→東京」の「片道」として、「片道」と「片道」を組み合わせて購入すれば、「かえり」の乗車券の有効期間経過前になるため、「レール&レンタカーきっぷ」として利用できますか?

A:「レール&レンタカーきっぷ」としてご利用いただけません。
あくまでJR線は「片道」「往復」「連続」でご利用いただくことが必要になりますが、行程はいずれか1回のご利用となります。このため、「片道」と「片道」を組み合わせて利用、「片道」と「往復」を組み合わせて利用することなどはできません。なお、駅レンタカーを乗り捨て利用する場合に限り、「片道(JR線)⇒駅レンタカー⇒片道(JR線)」の行程で利用することができます。
今回の場合、東京から新大阪の往復では「レール&レンタカーきっぷ」としてご利用いただけませんが、東京から新大阪までの片道に駅レンタカーを組み合わせる行程(往路のみの行程)であれば、ご利用条件を満たしますので「レール&レンタカーきっぷ」としてご利用いただくことが可能です。

レール&レンタカーの質問はこちら


その他の質問はこちらから